DDF2nd大会直前プレイヤーレポート~岡山編~

皆さんこんばんわ、広報のあつたです。
前回の徳島編はいかがだったでしょうか?
地方というハンデを背負いながらも十二分にセイヴァーを楽しまれてるのが本当によく感じ取れました。
これからも是非是非、セイヴァーライフを満喫して頂きたい所です。
さて、今回は第2弾ということで、岡山から最強のオルバス使いbowさんを招いてのインタビューです。
大都会の王の口からどんなキーワードが飛び出るのか、お楽しみくださいませ。

■セイヴァーを始めたきっかけ
もともとは大学を留年して友達が居なくなり、
暇つぶしに昔遊んだ事のあったセイヴァーをやってみようと思ったのがきっかけだとか。
人に歴史ありとは言いますが、当時格闘ゲーム自体初心者だった事もあり全然勝てなかったそうです。
それでも、有名プレイヤー達と身近に対戦できた事は、当時大きなモチベーションになったそうで、
特に同じ時期に始めた対戦仲間と一緒に頑張れたことが大きかったとの事。
直接語られる事はありませんでしたが、中でも俺こんさんに対して相当意識してた様に思います。

■大会に参加する意味とは
先ず彼の口から出たのは「優勝すること」の大切さより「参加することに意味がある」ということ。
優勝に絡めないプレイヤー達にとって、大会に参加する意義って何なのか?
そんなポイントを幾つかbowさんから聞いてみました。
bowさんが始めた頃、周りのプレイヤーは皆強い人ばかり。
その中で何処まで向かっていけるか…という所を楽しみにしてたそうです。
結果はモチベーションにそぐわない事もあったそうですが、チャレンジできるという事自体が楽しかったようですね。
また、別の見所として大会の勝者は1人(1チーム)しかいないのですから、当然その他の人達は敗者となる。
勝敗が決する一戦一戦にプレイヤー達が賭けたものを見たり、
大会という筋書きのないドラマに自分を投影して楽しむ。
このあたりは大会というLIVE感が成せるものかもしれませんね。
大会に参加した時には、野試合でライバルを見つけたりもするのも楽しかったそうです。
同じ時期に始めた人を事前にリストアップしたり、
他地域で「コイツならやれるかも」って思った人を勝手に目標にしたりしてたとの事。
因みに彼にとって心のライバルは、
「名古屋が誇るファンタジスタ」アズワンデミトリと「関東のスピードスター」buzzガロンだそうです。
どちらも全国のトップクラスまで上り詰めたプレイヤーさんであるあたり、ライバルを選ぶセンスが光ります。
そして、最後に1番強調されてたのが、「人と人の繋がり」でした。
これだけ長く楽しめる秘訣は、やはり人と人の繋がりにあるという事なのでしょう。

■DDFへの思い
最後にこれだけは聞いてみたいという質問をぶつけてみました。
DDFにかける思い、大会に参加する時の心境の変化はあるのかと思いきや、
大会を楽しむスタンスはさほど昔と変わらないとの事。
今尚、初心健在という所ですね。
むしろ、セイヴァー好きという仲間が集まる場があると言うだけで、今からワクワクが止まらないそうです。
この初心こそが彼の強さを支える根源である事がよく伝わりました。

bowさんさんからのメッセージ(原文まま)
また沢山のライバルたちに挑む機会がやって来ました。
DDFという大会を用意してくださったa-choさんや運営や参加者の皆さんにはひたすら感謝であります。
さあ、今回も大会というドラマを皆で精一杯楽しみましょう!

との事です。
改めて、格闘ゲーム初心者だった頃から現在まで、
イベント企画、大会運営、参加と大変勢力的に活動されているbowさんならではの視点は大変面白かったです。
DDFでもセイヴァーを限界まで楽しんでもらえるよう、スタッフ一同全力で「お・も・て・な・し」させて頂きますね。
レギュレーション追記(DDF予選リーグ2位抜けと同率順位について) | Home | DDF2nd大会直前プレイヤーレポート~徳島編~

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する