スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DDF4th 第2回戦況分析

■皆様こんにちは!大会まで残り2週間となりましたので第二回の戦況分析を行いました。
現在事前エントリー20チーム、斡旋希望も合わせて58名が事前エントリーされています!
じわじわと参加人数が増えているので、大会当日は昨年と変わらぬ人数になるのではないでしょうか?
それでは戦況分析をご覧下さい。

■キャラ分布(7/30現在)
WS000068.jpg
キャラは平均的に増えている感じで前回と大きく変化はありませんね!
かなりの混戦状態となっており、大会では組み合わせが重要となりそうです。

■優勝予想
▽本命
チーム名:ベガスの残党
ナン(ザベル)・わんたーれん(ザベル)

チーム名:グリム童話
たかはし(ガロン)・コショー(バレッタ)

ベガスの残党は昨年度DDF優勝のわんたーれんザベル・準優勝のナンザベルの
関西ザベルコンビ。2人もガード不能メインのスタイルであり、不能精度の高さが非常に脅威。
独特に見える立ち回りも全てはガード不能への布石。
上位プレイヤーであろうと一度転ばせれば関係ない、今大会ヒールNo.1。
グリム童話は狂犬・たかはしと覇王・コショーの関西・関東混成チーム。
こちらの両名は安定したプレイスタイルであり、中間距離を制圧力とガードの堅さは
中々崩されることはないだろう。構成的にはQ-Beeが厳しいが、今大会参加が少ない事も
優位ではないだろうか。
この2チームは間違いなく優勝戦線に絡んでくる事だろう。


▽対抗
チーム名:電脳雑技団
あつた(レイレイ)・ホソカワ(サスカッチ)

チーム名:いつもの二人
サガ(ザベル)・アズワン(デミトリ)

電脳雑技団は関西・名古屋混成チーム。
あつたレイレイはディフェンシブなスタイルで非常に安定性が高い、
直近では火力upの為に構成も再編成して大会に臨む。
ホソカワも同じく対応型プレイヤーで、強キャラの性能だけに頼る事無く
立ち回りやコンボ、キャラ対策を細やかに研究しており、安定性は抜群。
大会以外でなかなか見られない両プレイヤーの独特な連携は必見。
キャラ構成的にザベルの処理が課題となるか?

いつもの二人は純正名古屋チーム
サガのザベルは非常にオフェンシブなスタイルであり、もちろん不能も基本装備。
大会参加数が非常に多く、ほとんどのプレイヤーと対戦している経験値は大会で生きるだろう。
アズワンはゼロデモン、塩デモン、超近距離のダッシュプレジャーを自由自在に使いこなす
非常にファンタジスタなデミトリ。
自分のペースへ巻き込んでいくチーム力があるのが強み。

▽期待
チーム名:一航船
加賀モチモチ(バレッタ)・赤城うすしお(ガロン)

スチームエレクトリカルwithだら
だら(デミトリ)・オボロ(ヴィクトル)

加賀モチモチ&赤城うすしおはお馴染みの関西コンビ。
加賀は、ワシントン海軍軍縮条約の結果建造中止となった加賀型戦艦を改装した大型空母。
軍艦赤城は、天城型巡洋戦艦の2番艦として起工された未成艦を空母に改造されたもの。
どちらも三層の飛行甲板を持つ三段式(雛段式)空母案が採用されている。
艦隊決戦では重巡洋艦並の火力がある加賀モチモチと
反対舷の煙突と重量バランスがとりやすい左舷艦橋配置の赤城うすしお。
非常にバランスの良いチームである。

だらとオボロは有名スペシャリストコンビ。
だらのどこからでも飛んでくるゼロデモン・ネガティブストーレンは早すぎて
見てからの反応は困難。セットプレイも充実しており、強キャラ対策もバッチリ。
オボロの2回転投げも裏の選択が用意されているセットプレイが多く、
初見では回避できない物が多く、ループ性も高い為捕えた時の火力は半端無い。
数々の強キャラを打ち破ってきた実績も◎。
キャラ的には厳しそうに見えるが、デミトリとビクトルの対策が相当出来ていないと
このチームに勝つのは困難である。

▽注意
サラブレッド
にのコンドルパサー(Q-Bee)・およフェーブル(デミトリ)
「にのコンドルパサー」はペルー民謡「コンドルは飛んでいく」に由来する。
「およフェーブル」はフランス語で「金細工師」。
父:ステイゴールド  ゴールド=金 母:オリエンタルアートの アート=芸術
両親の名前から連想して付けられた名前である。
関西中堅を突きぬけ、古参馬にも土を付けてきているこの2頭に注意。
今大会のダークホース。

モンスター・コレクション
くろえ(サスカッチ)・カメ(ビクトル)
岡山・関東混成チーム。
くろえは攻めに特化したサスカッチ、一瞬で相手の体力を溶かす攻撃は
キャラの攻撃力とマッチしており非常に危険。
カメは防御の非常に堅いビクトルで画面端はカメの城と言われるほど。
細かいヒット確認などがきっちりしており、ビクトルなのに小回りが利く。
他地域遠征チームのシナジーに期待。

シングルエントリーにも注目プレイヤーは多数残っており、
大会までにさらなる強豪の参戦も考えると、来週には勢力図が一変しているかも知れません。
さらなるエントリーお待ちしております!
エントリーはこちらからどうぞ!
DDF4th配信について | Home | DDF4th 第1回戦況分析

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。